治療の流れ|東京のがん免疫療法なら【ICVS東京クリニック】まで

Procedure治療の流れ

HITV療法の流れ

HITV療法の治療課程は、
以下のステップで進められます。
身体への負担が少ないため、
比較的体力のない方でも
受診していただけます。
HITV Procedure : With few side effects, 
people with relatively 
low physical strength 
can undergo the treatment.

当院への来院回数:
以下の7ステップで
基本的に4回(オンライン面談等を除きます)
Visits to our Clinic: four (4) time 
in seven (7) steps.
  1. 初診Initial Consultation

    初診
    治療計画ご提示

    事前診断の際にご提供いただいたPET-CTなどの検査データ等をもとに、患者さまの状態・症状・生活環境などを総合的に考慮し、効果的な治療計画をご提案いたします。
    医師から丁寧にご説明し、治療手順、効果などについてご納得いただきましたら、治療を始めます。
    The doctor will present you an effective treatment plan and provide a detailed explanation. Once you agree with it, the treatment will begin.

  2. アフェレーシスApheresis

    アフェレーシス
    特定の血球・血漿を分離抽出

    専用の機械で血液を高速回転で遠心分離し、約3時間かけて治療に必要な特定の血球や血漿を採取します。他の血液成分は他方の上肢の静脈から体内へ戻します。
    このステップには比較的太い血管の確保が必要となり、両腕の静脈が抗がん剤などの使用で狭細化している場合は、その他の部位の静脈、および動脈を使用することがあります。
    Blood cells and plasma (the source of dendritic cells and activated T cells) are extracted. Other blood components are returned to the body through the veins of the other upper limb.

  3. 生検Biopsy

    生検
    炎症性サイトカインの発現解析

    樹状細胞の腫瘍内投与による急激な免疫反応として腫瘍に炎症が生じる場合があるため、投与時の炎症の抑制が重要です。樹状細胞と共に炎症性サイトカインの抗体薬を投与することで、炎症の合併を抑制することが可能です。腫瘍から一部組織を採取(生検)し発現している炎症性サイトカインを解析し、使用する薬剤を選択します。
    Analysis of Inflammatory Cytokine Expression: A portion of tissue is taken from the tumor (biopsy), and the inflammatory cytokines expressed are analyzed to select the drugs to be used. Administering dendritic cells along with antibody drugs for inflammatory cytokines can suppress the onset of inflammation.

  4. 細胞培養Cell Culture

    細胞培養
    樹状細胞と活性化T細胞の培養

    アフェレーシスによって採取された成分は、院内の「細胞培養加工施設(CPC)」に送られ、そこで樹状細胞と活性化T細胞が培養されます。細胞の培養期間は基本的に4 週間前後です。(採取成分の状態によって培養期間は変わります)
    当院のCPCは、「再生医療等安全性確保法」に則り厚生労働省より特定細胞加工施設の許可を取得しています。
    [ICVS東京クリニック細胞培養室(施設番号FC3150408)]
    Cultivation of Dendritic Cells and Activated T Cells: Components from apheresis are sent to our in-house Cell Processing Center (CPC), where dendritic cells and activated T cells are cultured in about 4 weeks. Official permission from the Ministry of Health, Labour and Welfare:Specific cell processing facility in accordance with the "Act on Safety of Regenerative Medicine, etc."
    [ICVS Tokyo Clinic Cell Culture Room (Facility No. FC3150408)]

  5. 樹状細胞の投与Administration of DCs

    樹状細胞の投与
    CTガイド下で腫瘍に直接投与

    培養した樹状細胞を、抗原認知能力を高めるLCMと呼ばれるアジュバント(特許取得済)とともに、CTで画像確認しながら腫瘍内(または腫瘍に栄養を与えている主要血管内)に投与します。その際、必要に応じ抗炎症性サイトカイン抗体薬を併用します。
    投与された樹状細胞は、約24時間で抗原認識(異物としてのがんが保有する情報の学習)を完了します。
    アジュバント: 主剤の効果を増強する補助剤のこと。ワクチンの効果を高める役割がある。
    Cultured Dendritic Cells (DCs) are administered into the tumor (or into the major blood vessels feeding the tumor) along with an adjuvant called LCM* (patented) that enhances antigen recognition ability, with CT imaging confirmation. If necessary, anti-inflammatory cytokine antibody drugs are used. The administered dendritic cells complete antigen recognition (learning the information held by cancer as a foreign body) in about 24 hours.
    *Adjuvant: An auxiliary agent that enhances the effect of the main agent. It plays a role in enhancing the effect of the vaccine.

  6. 活性化T細胞の投与Activated T-Cell Infusion

    活性化T細胞の投与
    静脈へ点滴で投与

    樹状細胞の投与から24時間〜48時間経過後、点滴により「活性化T細胞」を静脈へ投与します。活性化T細胞は、がん細胞を排除する“キラー活性”を強めるとともに、樹状細胞の機能を免疫学的に身体へ記憶させる働きがあります。「メモリー細胞」とも呼ばれています。
    24 to 48 hours after administration of Dendritic Cells, activated T cells are administered intravenously. Activated T cells enhance "killer activity" to eliminate cancer cells and immunologically memorize the function of dendritic cells in the body.

  7. 治療評価Evaluation

    治療評価
    PET-CT検査/血液検査で判定

    PET-CTによる画像診断や血液検査などのデータをもとに、 治療の効果を総合的に判定します。
    治療計画によっては治療評価の後、“CTLのアフェレーシス /CTLの培養/CTLの投与”を行う場合があります。
    Treatment Evaluation: with PET-CT scan/blood test after the DC administration and AT infusion.
    Depending on the treatment plan, "CTL apheresis/CTL culture/CTL administration" may be performed after evaluation.